アライモータースポーツ ショップ

HOME > ショップ > キャンペーン

「2017ウィンターセール 開催」

12月2日(土)、3日(日)にアライモータースポーツ ショップでは、「2017ウィンターセール」のイベントを開催します!
「2017ウィンターセール」では、お得な特価販売や、取付工賃も特別価格にてご提供します!

車両のお悩み相談も受け付けます。セッティングの話などはバッチリご相談に乗ります。
多くの皆様のご来店をお待ちしております。

2017ウィンターセール

ウィンターキャンペーン

WORKなら MCO RACING

もしもペインテッドフィニッシュのホイールが好きならば、驚きのコスト。
サイズもいい感じです。

  ↓↓↓ 詳しく見る(ここをクリック) ↓↓↓
ラリーでは純正サイズの8.5+鋳造に規制されてしまいますが、そんな厳しいキマリの中で生み出した応用技術!これこそ競技のフィードバックです!。

MCO Racingの9.5-18ならば、鋳造のコストでありながら、ENDLESS6+370φローターまで余裕で飲み込んでくれます。「気合のサイズ」は、オリジナルペイント温存のフェンダー加工などを桑原までご相談ください。

オリジナルペイントをキープした 高クオリティな耳折でワイルドなサイズもカバーします。(詳細 桑原)

モチュール

高性能なボクサーエンジンは良好な潤滑を求めます。300馬力前後の出力に対して諸外国のライバルと比較しても充填量は断然少ない、たったの4リッターで賄うわけですから当然です。
ARAIではスポンサーのMOTULがメインですが、300Vクロノのリザーブ会員制度があります。

  ↓↓↓ 詳しく見る(ここをクリック) ↓↓↓
300Vクロノはモチュールならではのエステルオイルで油膜・金属表面の油性作用があります。EJというとチューニングやスポーツ走行が楽しいので、5w-50や15W-50ユーザーの方が多いですが、クロノは10W40。そう硬くないオイルですが普段乗りからスポーツ走行までEJ20/25 FA20などのコンディションを支えます。

たかがホースやシールのひとつが安くても替えるとなると工賃は高いもの。上手く使えばホース類がカチカチにならないので、正しく使い続けていれば後で時限爆弾化しません。

バルブスプリングの硬いSTIモデル。カムシャフトの軸受けなどの潤滑は回しても回さなくても! 乗り方に関係なくオイルの差がでます!大人しく乗るほうが常にバルブスプリングのプレッシャーを受けるのでガタになりやすい部分。

ここがガタつくとAVCS制御がアテにならなくなって酷く性能を損ねます。1/3番のインテークカムと2/4番のエキゾーストカム。バラしてみると300Vでは筋もなく、ピカピカ ツルツルの表面を維持します。

数十万円の出費を防ぎ、1台のクルマを長く使っても右肩下がりの性能になりにくい。きちんとオイル管理されていれば10万キロ超からチューニングしたって快調そのものです。

ENDLESS システムインチアップキット

  ↓↓↓ 詳しく見る(ここをクリック) ↓↓↓
1.キャリパー色が標準のほか耐熱ペイント各色が追加料金なしで選択できます。
http://endless-sport.co.jp/event/campaign/Campaign20171006_calipercolor.html

一番人気はモノブロックグレー。これは、ライフリングと燃焼圧で高温となるライフルの銃身に使える GUNCOATでの塗装です。紫外線で退色しにくいのも素敵です。

2.ディスクローターのセンター部
ベル部分がブルーアルマイトの他にレーシングアルマイトが選択可能。色目で言ったらシャンパンゴールド。レース車で見かけるあの色です。

3.スバル系キットでも組み合わせで370φから345φで干渉回避の裏技があります。
キャリパーの種類に合わせたローター選択やローター径にマッチするパッド選択。スプラッシュガードの加工や耐熱処理などENDLESSを熟知した取付技!各部ボルトや雌ねじ部、ハブセンターには耐食防止加工を施しホース配管も接続部にはカジリ防止処理してから組み立てます。
もともと寿命の長いENDLESSは、取れなくなったり漏れたりしない事前の処理如何で、その価値も倍加します。弊社ではブリーダーの扱いも丁寧ですし、ハブからローターが取れなくなるようなトラブルは皆無。長く安心のためのノウハウ満載です。ノーマルや鋳造品の6ポットなどとどう違うか?ローター径やベストバランスなど、何でもご相談に応じます。

なぜ? キャリパーはENDLESSか

  ↓↓↓ 詳しく見る(ここをクリック) ↓↓↓
☆キャリパーの剛性の話

○変形するまでが剛性。そこから先が強度です。
アイドリングの停止状態で、キャリパーのボディに触りながら強くブレーキを踏んでもらうとわかります。ブレーキキャリパーはどんなに強くとも僅かながら変形しています。この変形が大きいと制動力が踏力に上手く比例しなくなります。

机上の理屈では剛性だけなら鋳造も鍛造もないわ!…と思われがちですが、現実的には繰り返し変形しても持ちこたえる強度が関わるので設計に加え材質のヤング率などまで関わってくるのです。

エンドレスの圧倒的な性能の訳は設計の巧さと頂点のアルミ鍛造技術です。しかも最終形状まで鍛造で形作られたものは鍛流線が加工で分断されず残されています。鍛造でないと製造できない種類のアルミは、そもそも熱に強いので長く剛性を保ちます。試しにペダルを踏むとブースターのバルブストロークの先でカチッとペダルが止まるのがわかります。コントロールも僅かな力の強弱で出来るのです。 対して鋳造用のアルミは型の中で湯流れが良好なものが好まれます。というのは低温で軟らかくなければ生産性や精度が落ちます。鋳造品は新車のうちは良いのですが、高温で使うと徐々に軟らかくなることがあります。ペダルを踏むと半分くらいまで硬くならないのもあります。鋳造品はアルミが軟らかく腰がぬけたようになってきても毎日乗っていると気づきにくいものです。アルミは700℃くらいまで溶けはしませんが200℃くらいから軟らかくなるのをクリーピングといいます。

○キャリパーを偉い順に挙げられますか?
(1)鍛造モノの非分解構造
(2)鍛造2ピースで背面補強となるタイバーのしっかりしたもの
(3)鋳造品
つまり、鍛造であることに大きな価値があり、構造は次位になります。

(1)は、御存知レーシングモノなど。(2)はENDLESS6などクロームモリブデン鋼ボルトで結合されたシリーズで、モデルによっては重量以外はレーシングに遜色ない性能を発揮します。クロモリボルトも剛性や熱変形の抑止に貢献し、キャリパーをつけたままパッド交換できるロードモデルではH型のタイバーが一体構造に匹敵する剛性を作り出しています。モノブロックといえども鋳造では鍛造の2ピースにはかないません。

○ブレーキは愉しい
「僕はサーキットまでゆきませんから…」という人も居ますが激しい部分しか意識にないかもしれません。

触れるくらいのタッチからフル制動までアクセル以上にクルマを自在に操り、リニアなタッチはお買い物のゲタ乗りまで快適にしてくれます。このようにブレーキは、アクセルと同様、荷重の移動でクルマを自在に動かす役割を持っています。

レースドライバーでもなければ体験できないブレーキ性能を路上で日常のものとすることが可能なのです。仮に愛車が300馬力あったとします。加速で300馬力、減速側で、300馬力、往復600馬力ぶん楽しんでいただけることを約束します。

なぜ?ENDLESSならARAIか

  ↓↓↓ 詳しく見る(ここをクリック) ↓↓↓
今年のARAIは過去最大のENDLESS製品を扱うことができました。
これは、ひとえにチューニングに前向きな皆様のおかげです。

特注色やローター選択などは以前からお受けしていましたが、ARAIではカタログにある定番品も、1セットからフレンドリーなコストで提供できるよう努力していますので、全てのラインナップから自由にご相談いただけます。
今後の御興味やチューニングの方向性まで加味し、ローター径の大小に於けるパッドの特性の、要・不必要、ミューの高低からタッチの違い、果てはブレーキ制御コンピューターとの駆け引きまで、全て経験や実践からお客様の用途や嗜好もふまえ完璧に御相談に応じられます。手持ちのスペアホイールの使いまわしや適合確認、ローター・キャリパー選択のお手伝いが可能です。

☆ロングライフを見据えた取付
恐らく…ENDLESSキャリパーのライフですが、乗り換えても使い続けている方が多いと思います。たとえばサーキット走行をされる方はフリュード交換やエア抜きも頻繁。たとえば、無用にブリードプラグを傷めてしまったり、無理に押し込むと取れなくなるセンターのベルハットを固着させてしまったり…があってはなりません。
長期の耐久性を加味するところが、コンペティションチューンとパフォーマンスチューンの違い。メインテナンスサイクルが長い場合も見据えます。


取付ボルトは防錆処理 トルク管理されます。


エルボフィッティング座面のかじり防止処理


ペーストでゴテゴテにならないプロ基準のパッド潤滑 


ハブセンターが錆びたまま取り付けると後のローターメンテが超高額に。丁寧さがちがいます。


アルミベルに錆が侵食すると取れなくなります。ZnやAlで防御します


プロテクターのコーンカットや取り外し、ブーツの耐熱処理、ABSラインは脱脂後ラップして蛇籠編みします。


ホイールとキャリパーの逃がしワザ。丸秘流用ワザも熟達。

FUNCTION

  ↓↓↓ 詳しく見る(ここをクリック) ↓↓↓
セットアップから何から、同じものは、殆どありません。
というのは、付いているタイヤ銘柄やホイールサイズの違いでも、追及すれば無数の組み合わせになります。それがホントのフルオーダー。同一スペックの使いまわしでは名ばかりの結果にすぎません。

新世代のピストンを装備40φでありながら、大径シリンダー相当の性能を発揮するSPL FUNCTION.com。ARAIでご提供するものの躯体はSUPER FUNCTIONとほぼ同一。GRBやVAB、BRZでは、Xcoils+と共にバンプストロークでロッドフリクションを消す構成を採用。製作時の僅かなコスト差で大幅に超寿命化でき、予測しやすくて粘り腰。超マイルドな限界特性までを現実にしています。

セットアップはデモカー以上!
FUNCTIONシリーズでの圧倒的な経験は各用途、各車高、使用するタイヤサイズや銘柄、リム幅、パワーレベル、キャンバー角や接地荷重で変移するスラストを加味したサイドスリップ補正、ストローク、車高、サグ出し、全てにおいて完璧に他店では困難なセットアップをいたします。
すでに製造以来十数年を経過したBE5やGDBからVA系VM系、BRZに至るまで、全て2016-2017年以降の最新スペック。別物の走りをお約束いたします。


車高、タイヤ、用途、SPレート、Function.comでも弊社の場合は完全カスタムの個別セッティングです。


たとえば十数年前のBE5でさえ、現行車を凌駕するサスへと進化。


アナログアライメント調整、トー、キャンバー、スラスト、0.3ミリのストリングスの中を読むような精度管理です。

レヴォーグ・WRX-S4フロントメンバーブレース

  ↓↓↓ 詳しく見る(ここをクリック) ↓↓↓
(1)EVC6現車セッティング
「ソロリと発進して、0-100km/hが、4秒台って、どのくらいかわかります?」

レヴォーグやS4のノーマルの加速力は速度計を信用するならば、100km/hまで、5秒台なかば。それがHKSの排気系とEVCセッティングで4秒台に飛び込みリニアトロニックにもやさしい。

たとえばエボ9あたりでローンチコントロールを使用しても5秒を切るのは至難のワザ。かつての空冷ポルシェターボの発進加速を超えるパフォーマンス。ギュウンと唸る室内のサウンドはメルセデスのV12が一番近い。大人しそうなワゴンやセダンでありながら圧倒的性能。まさにスーパーカーレベルです。

こんな最新のシステムを装備してセットアップしてもECUチューンより格安。
そもそもDITのECUの中って…学習サイクルが速く、言い換えると適合技術者が常にセッティングしているような状態です。ECUのノックフィードバック基本の制御は上限で落ち着かず、ノーマル時点でリタード調整するくらいに攻めている。だから、それ自体のデータ変更をチクチク弄っても、学習の開始点がズレるくらいであり、ダイナモの見かけの数値は上がってもパフォーマンスには反映しにくい。それよりも周辺装備で支えるのが利口です。

この厄介な学習を書き込み/リセットできるように触媒とセットのFLASH EDITOR(セットで安い)くらいはつけたとしても、先ずは排気の排圧を下げたりとハードウエアの方でターボの抵抗を無くすほうが断然確かです。

ブーストコントロールもソレノイド制御のノーマルでは制御ラグから精度に限界がある。無理なものをヘタに弄ると20kpaのオーバーシュートでECUは十数馬力ダウン。大幅にリタードを実行して中々元に戻してくれない。加速に於いても、DITの加速増量は細いからECUだけで稼ごうとしてもひとり相撲になってしまいやすい。などなど難しい部分があります。

ところがEVC6を装備した場合、まずオーバーシュートしやすいポイントをピンポイントで制御したり、ダルな領域を引き上げたりと全域の微細なマップ制御が可能になります。セッティングは神経を使い、作業の手間は大変ですが、正確迅速で高度なシステム=タイムラグの少ないマップ制御で個体にマッチした制御が可能になります。

ECUなど、いま在るものをコソコソ弄るより、「次元の違う制御システムを導入するのだから良いのは当然」です。このEVCの使いこなし術は他では経験が少なくARAIならではのレベル。基本的に過給に掛かる無駄な時間を削りとりますから無理なく効率的に速さや乗りやすさを得らます。HKS EVCは基本的に高い能力をもっていますが、ここでは素材。つけてセットしただけでは実力の半分も出ていません。その本質はチューナーの在不在で大きく異なってきます。

(2)S4レヴォーグ フロントメンバーブレース
11月上旬、最終調整段階に入りました。レヴォーグ&S4 (NAモデル用)フロントメンバーブレース=FMB。

「フレーム補強の勘所は0.1mm単位のせめぎ合い」
最初の0.5mm変形するまでが肝心です。過去のどれにもない、その性能を保証。タイトな設計はフレームの共振を防ぎ、サスの動きが別物に変化します!

ロングツーリングでも、ステアリングに軽く手を添えれば路面のうねりに取られることも皆無です。
FMBはロアリンクピボットへのダイレクトマウント。堅固なマウントを介したメンバー側マウントが特徴です。
先行予約承ります。


ホントに効くのはコイツです。

> 「好評VAB GRB系フロントメンバーブレースの製品ページ」
※上記特典、価格は当日取付・購入・税別となります。

ウィンターキャンペーン

※キャンペーンの内容は予告なく変更となる場合がありますので、ご了承下さい。

ページの一番上へ