Arai Motor Sport.Ltd
Home News Services MotorSports Products Company PressRelease MailMagazine
モータースポーツ
   
ラリー

モータースポーツ活動 「ラリー」

WRCは、World Rally Championshipの略、正式にはFIA世界ラリー選手権。WRCはラリーの頂点として位置づけられ、FIA(世界自動車連盟)がF1と並んで統括する世界選手権です。

その歴史は1973年に「マニュファクチャラーズ選手権」として自動車メーカーがしのぎを削るイベントとしてスタートし、1979年には「ドライバーズ選手権」との2本立てで争われるようになりました。さらに、2002年からは生産車部門の最高峰「プロダクションカー世界選手権」、小排気量の車両で争われる「FIAジュニア選手権」がスタートし、現在は4つの世界タイトルをめぐって熱い戦いが繰り広げられています。

(PWRCチャンピオントロフィ) 

アライモータースポーツ擁する「スバルチームアライ」は2002年より富士重工業株式会社、スバルテクニカインターナショナル株式会社の支援のもと、プロダクションカー世界選手権に挑戦し、ドライバー新井敏弘は2005年ついに悲願の日本人初、世界チャンピオンとなり、2007年にも2度目のタイトルを獲得することができました。

2011年は戦いの場をIRC(インターコンチネンタル・ラリー・チャレンジ)に移し、参戦いたします。

IRC(インターコンチネンタル・ラリー・チャレンジ)

 

IRC(インターコンチネンタル・ラリー・チャレンジ)

IRCは、WRカー中心のWRC(世界ラリー選手権)に対してS2000とグループN車両を主な対象としたシリーズで、ヨーロッパの衛星テレビネットワークの「ユーロスポーツ」が運営していることからヨーロッパでは高い人気を誇っているカテゴリーです。

SUBARUは、2010年よりこのシリーズにマニュファクチャラー登録しており、各ラリーに地元の有力チームがSUBARU WRX STIで出場している。

新井敏弘は、SUBARU WRX STI spec C グループR4仕様で5戦に出場する予定です。

     
   
カテゴリー インターコンチネンタル・ラリー・チャレンジ
Intercontinental Rally Challenge(IRC)
チーム   SUBARU TEAM ARAI
マシン   スバル インプレッサ WRX STI spec C グループR4
ドライバー   新井敏弘 Toshihiro ARAI
コ・ドライバー   デール・マスカット Moscatt Dale
     
    新井敏弘オフィシャルサイト www.toshiarai.com
     
   

■参考リンク

  IRC
  SUBARUモータースポーツ
  ADVANモータースポーツサイト

     

プロダクションカー世界ラリー選手権(PWRC)

 
 




2003年から2010年まで参戦し、2005/2007年と、2度のワールドタイトルを獲得することが出来ました。


     
このページのトップへ
プライバシーポリシー サイトマップ お問い合わせ